現在の位置

いじめ防止基本指針

北本市立栄小学校
いじめの防止等のための基本的な方針 (抜粋)

◇はじめに

 本校は、全校児童数66名、全学年単学級の小規模校である。児童は、明るく素直で「笑顔あふれる元気な学校」を目指し、様々な教育活動に取り組んでいる。しかしながら、毎年クラス替えがないため、人間関係が固定化しやすいという課題がある。ひとたび「いじめ」が発生すると被害児童の逃げ場がなく、1対その他大勢という構図に陥りやすいため、深刻化することが懸念される。そうした課題に対応するため、「いじめは、どの学校にもどのクラスにもどの子供にも起こるもの」という共通認識の下、いじめ防止に特化した校内研修を実施し、相談箱の設置や「なかよしアンケート」の毎月実施等、児童の小さな変化を見逃さないよう努め、異年齢による交流活動も積極的に導入してきた。さらに、平成24年度より推進している小中一貫教育(学校4・3・2制)では、豊かな心の育成を重点目標の1つとし、9年間を見通した生徒指導体制の構築に継続して努めている。

 北本市立栄小学校いじめの防止等のための基本方針(以下「栄小学校基本方針」という。)は、これらの対策を更に実効的なものとし、児童の尊厳を保持する目的の下、国・埼玉県・北本市・学校・家庭・地域その他の関係者が連携し、いじめ問題の克服に向けて取り組むよう、いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号。以下「法」という。)第13条の規程に基づき、本校の実情に応じ、本校におけるいじめの防止等のための対策に関する基本的な方針を定めるものである。

いじめ防止のための基本指針(PDF:563.4KB)

お問い合わせ

栄小学校
〒364-0027
埼玉県北本市栄1
電話:048-592-5336
ファックス:048-592-5383

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。